寒さを乗り越えるためにニンニクと生姜のサプリが効果的

にんいく 生姜

いよいよ本格的な寒さがやってくるようで、毎年この時期は憂鬱な思いがスタート!
暑いのも苦手ですが、寒いのはそれ以上に嫌いなんです。
そんな寒さを耐えるためには鍋やラーメンを食べて乗り切りたいところですが、生姜もいいようです。

ただ、生姜を手軽にとるには難しいということもあり、ネットで評判の生姜入りサプリメントを購入しようと思っています。
生姜入りのサプリメントは数種類あるようなので口コミの効果を参考にして購入しようと思っています。

とりあえず候補に挙がっているのはニンニクと生姜が配合されている商品です。
生姜の成分には体を温める作用があるのは知られていますが、にんにくにもその成分が含まれているようです。

ニンニクといえば疲労回復に効果があることは知られていますが、それにプラスして冷えも解消してくれるとは…
なので、生姜とニンニクのダブルのポカポカ成分で、今年の冬は乗り越えようと思っています。

そのサプリですが、もちろん持ち運びに便利なのですが、何時でも何処でも手軽に摂れるのが嬉しいです。
家で飲む用と持ち運び用の2種類を購入しても良いかもしれませんね。

肝パワーeプラスは効果ない?

肝パワーeプラス

肝パワーeプラスは効果なしという話は嘘ではありません。
なぜならサプリは効果を謳うことができないからです。
ここが医薬品とサプリの異なる点であり、医薬品は薬、サプリは食品になります。

トマトは健康によい食べ物ですが、風邪を治す効果ありという表記はしないでしょう。
サプリは薬と見た目が似ていますが、食品に分類されるので効果を明記することはできません。

それでは効果なしの肝パワーeプラスを飲んでもメリットがないかというと、決してそんなことはありません。
確かに効果を謳うことはできませんが、健康維持には役立つのです。
野菜は病気自体を治すことはできませんが、健康によい食材であることは誰でも知っているでしょう。

そして健康によい食材を摂って元気な体質に変えていけば、結果的に病気を防ぐことができます。
病気を治すことはできなくても、健康体を手に入れて予防することはできるのです。

肝パワーeプラスに含まれる主力成分は牡蠣、ジャンボにんにく、南高梅です。
これらの成分は疲れやすい方に最適であり、特に牡蠣やにんにくは精力剤の成分としておなじみです。
南高梅にはクエン酸が含まれており、クエン酸回路を正常にして疲れにくい体質に導いてくれます。

年齢を感じるようになったら、体が衰えてきている証拠です。
人間は生まれたときから老化が始まっていますが、それを自覚できるようになるのは一般的に30歳を過ぎてからです。
以前よりも無理がきかなくなったと感じたら、肝パワーeプラスを飲んでみましょう。

Copyright チャコの健康いろいろ日記 2018
Tech Nerd theme designed by FixedWidget