健康に良い「酵素」について

 酵素は、人間が生きるためには必要不可欠なものです。
食べた物を消化する時にも、消化した栄養素をエネルギーに変換して、体内で働かせる時にも、酵素は必要となります。

体内には、一定量の酵素が存在しているのですが、年齢を重ねるとともにその量は減少してしまいます。
ゆえに、サプリメントやドリンクなどを利用して、酵素を摂取する方法は有益だというわけです。摂取することによって、身体の中から健康をサポートしてくれます。

 また、消化や代謝が行なわれるたびに消費されますので、その分体内に存在する量は減るようになります。
体内の一定量は決まっていますので、体調を崩したりすると、多くの量が消費されるようになります。

体内で減ってしまった分を、サプリメントなどで補うことによって、良い状態をキープすることができるというわけです。
 具体的に、酵素を摂取して感じる効果については、便秘解消・ダイエット効果・抗酸化作用などが挙げられます。

酵素には、腸内環境を整える効果があり、便秘の解消を期待することができますし、体内の代謝酵素が補われ、代謝をアップさせる効果があるために、脂肪が燃焼しやすい身体になるというわけです。

さらに、酵素の中には、SODやカタラーゼと呼ばれる抗酸化作用を持つ成分が含まれていますので、体内の抗酸化を行って、アンチエイジングに効果を期待することができるというわけです。
美容面だけではなく、免疫力もアップします。

まあるい旬生酵素

酵素サプリ
 

肝パワーeプラスは効果ない?

肝パワーeプラス

肝パワーeプラスは効果なしという話は嘘ではありません。
なぜならサプリは効果を謳うことができないからです。
ここが医薬品とサプリの異なる点であり、医薬品は薬、サプリは食品になります。

トマトは健康によい食べ物ですが、風邪を治す効果ありという表記はしないでしょう。
サプリは薬と見た目が似ていますが、食品に分類されるので効果を明記することはできません。

それでは効果なしの肝パワーeプラスを飲んでもメリットがないかというと、決してそんなことはありません。
確かに効果を謳うことはできませんが、健康維持には役立つのです。
野菜は病気自体を治すことはできませんが、健康によい食材であることは誰でも知っているでしょう。

そして健康によい食材を摂って元気な体質に変えていけば、結果的に病気を防ぐことができます。
病気を治すことはできなくても、健康体を手に入れて予防することはできるのです。

肝パワーeプラスに含まれる主力成分は牡蠣、ジャンボにんにく、南高梅です。
これらの成分は疲れやすい方に最適であり、特に牡蠣やにんにくは精力剤の成分としておなじみです。
南高梅にはクエン酸が含まれており、クエン酸回路を正常にして疲れにくい体質に導いてくれます。

年齢を感じるようになったら、体が衰えてきている証拠です。
人間は生まれたときから老化が始まっていますが、それを自覚できるようになるのは一般的に30歳を過ぎてからです。
以前よりも無理がきかなくなったと感じたら、肝パワーeプラスを飲んでみましょう。

Copyright チャコの健康いろいろ日記 2018
Tech Nerd theme designed by FixedWidget