健康増進に重要な役割を担う物質

酵素という物質は、人の身体全体をスムーズに活動できるようにするという重要な役割を担っています。
体内で働いている酵素は「潜在酵素」と呼ばれています。これには2つの種類があります。

一つ目は「消化酵素」です。この酵素の働きは、人が体内に取り入れたものを消化するサポート役です。
もう一つは「代謝酵素」です。これは人が体内に取り入れたエネルギーを体内でスムーズに働かせるという役割を持っています。

では、これらの物質が体内に不足すればどのような状況になるのでしょうか。
体内の代謝機能が鈍ると、痩せにくくなる、老廃物の排出が上手くいかなくなり、身体が浮腫んで疲れやすくなったりもします。

他にも肌荒れやシミなどエイジングサインが出やすくなることにもつながります。
消化機能が低下すれば、十分に消化されていない物質が腸内に溜まることになります。

その結果、便秘になったり悪玉菌が増えて腸内環境バランスが崩れて身体全体の免疫機能をも低下させることに繋がります。
このように、酵素という物質は人々の日頃の健康維持には必要不可欠なものなのです。
酵素は、果物や野菜を生で摂取するなど、日頃の食事からも容易に取り入れることが出来ます。

Copyright チャコの健康いろいろ日記 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget