蒸れた足の臭い対策

私って臭くないかな?とよく気にすることがあります。特に気になるのは夏です。
冬はなかなか汗をかかないので、洋服の柔軟剤の香りやシャンプーの香りで紛らわせることができますが夏は違います。

学生の頃は香り付きのデオドラントスプレーをよく使っていましたが、大人になって思うのは逆に臭いということです。
臭いを消すというより香りをつけて誤魔化しているような気がして、またその香りがきついので私には向きませんでした。

そこでよく使うようになったのはシートタイプのものです。
香り付きのものですがスプレータイプのものと比べると匂いがきつくありません。

また、同時に汗も拭えるので汗の酸化も防ぐことができるのも助かります。
パウダー付きのものだと汗も拭えた上にベトベトだった肌がサラサラになるのでとても気持ちが良かったです。

また、メントール系のスースーは暑い夏には大変助かりました。
これらで上半身の嫌な匂いを拭ってきましたが、私が1番気になるのは足の臭いです。

足は夏もですがブーツなど冬の靴を履いても蒸れて臭くなるのが厄介です。
履く前に足にスプレーをしたり、脱いだ後の靴の中に10円玉や買ってきた銅を入れたり、靴用のスプレーをしたり。

色々試しましたが1番効いたのは足に塗るタイプのクリームでした。
つま先を中心に指と指の間にも丁寧に塗ってから靴下を履いて靴を履く。

スプレーに比べれば少し面倒ではありますが凄まじい効果を発揮してくれました!
私の足が臭くない!と感動したのは後にも先にもこれだけです。

仕事で履く靴は3足にして毎日交互に履き、履いた後はスプレー、休ませてる間は銅を入れることで完璧になりました。
これで靴が脱げるお店に行けるようになりました。

サントリーの「黒酢にんにく」を愛飲しています。

出産後、体力がなかなか回復せず、疲れやすく朝起きてもまだ昨日の疲れが残るような感じでした。
食事で気をつければ良いのですが、出産後の忙しさで家事もろくにこなすことができなかったので、なにか良いサプリはないかと考えていたところ、この黒酢にんにくに出会いました。

黒酢は、酢の酢酸が疲労回復によく、にんにくは精力がつく食材であるとよく言われていますので、ダブルでとれば最強ではないか?
という単純な考えでしたが、効果は思った以上にあったようです。

普通に黒酢とにんにくをとるには、臭いがきつくて周囲を気にしなければならないのですが、このサプリは無味無臭。気にせず手軽に服用できます。
服用から1週間ほどたつと体の軽さを少しずつ実感してきましたし、体の内側から元気になっていくような気がしました。
夕方になってもまだ気力が残っていますし、育児疲れも感じにくくなりました。

育児疲れで暴飲暴食などをすることもあったのですが、黒酢にんにくのせいか胃もたれすることありませんでした。
腸内環境も元気にしてくれたのだと思います。
年齢を重ねてもエネルギッシュに頑張れそうな気がするサプリです。

健康増進に重要な役割を担う物質

酵素という物質は、人の身体全体をスムーズに活動できるようにするという重要な役割を担っています。
体内で働いている酵素は「潜在酵素」と呼ばれています。これには2つの種類があります。

一つ目は「消化酵素」です。この酵素の働きは、人が体内に取り入れたものを消化するサポート役です。
もう一つは「代謝酵素」です。これは人が体内に取り入れたエネルギーを体内でスムーズに働かせるという役割を持っています。

では、これらの物質が体内に不足すればどのような状況になるのでしょうか。
体内の代謝機能が鈍ると、痩せにくくなる、老廃物の排出が上手くいかなくなり、身体が浮腫んで疲れやすくなったりもします。

他にも肌荒れやシミなどエイジングサインが出やすくなることにもつながります。
消化機能が低下すれば、十分に消化されていない物質が腸内に溜まることになります。

その結果、便秘になったり悪玉菌が増えて腸内環境バランスが崩れて身体全体の免疫機能をも低下させることに繋がります。
このように、酵素という物質は人々の日頃の健康維持には必要不可欠なものなのです。
酵素は、果物や野菜を生で摂取するなど、日頃の食事からも容易に取り入れることが出来ます。

酵素の働きと摂取の必要性

洗濯用の洗剤には、酵素が配合されているものがありますが、これは酵素に油汚れなどを分解する力があるからです。
そして酵素は、人間の体の中にも存在しています。

体内の酵素は、食べた物に含まれている脂肪分などを分解する働きをしています。
分解されることで食べ物は、栄養分と老廃物とに分かれます。

そしてその後、栄養分は体内に吸収され、老廃物は体外に排出されます。
つまり人間が食べ物から栄養分を補給することができているのは、酵素のおかげなのです。

酵素の量が十分になければ、食べ物を多く食べても、体は栄養分を多く摂取することができません。
栄養分が足りないのですから、体の機能は低下し、その結果代謝量も減ることになります。

これにより体は太りやすくなりますし、高血圧や動脈硬化などの健康面でのトラブルも起こしやすくなるのです。
現在は、メタボリックシンドロームの状態になる人が増えていますが、その原因のひとつは酵素不足です。

放置しておくと、肥満も動脈硬化も悪化して、生命を左右するような病気を発症する場合もあります。
そのため、それを回避するために多くの人が、ドリンクやサプリメントなどの健康食品によって、酵素を摂取するようになっているのです。

酵素と言えば、最近では酵素を配合している酵素青汁が評判です。
中でも粒タイプの酵素青汁が人気のようです。

青魚の知恵は私達の身体の味方

人間の身体は口に入れる食べ物で作られていますよね。
中でもお肉や魚、現代人は肉を好む傾向があるようです。
魚は食べたくても焼き時間、後片付けが面倒臭さい、家族の中で魚嫌いな人が居ると食卓に出しにくいなどの原因で、食べる頻度が少なくなってしまいます。

青魚に入っているDHAやEPAは日常、健康に力を入れている方、美容意識が高い女性達に良い成分ですが、丸ごと魚を食べたくない、食べれないていう方はカプセルで摂取しましょう。
あの有名なやずやから、青魚の知恵という商品が出ています。

不足しがちな栄養素、マグロからのDHA、イワシからのEPAは勿論、タンパク質の元となるアミノ酸成分も。
更に嬉しい事にカルシウムもタラの骨から抽出し、それらの成分がカプセルに凝縮されているのです。
お魚様様ですね。

実はこの商品、発売から4年経ちますが今では何と愛用者が8万人と多くの支持を受けています。
子供から、ご年配の方まで飲用可能なので沢山の方々が安心して飲み続けた証。

魚特有の臭いではなく、ほのかに鰹節のような臭いがするのも人気の証拠ですね。
調子が良い、と感じるには個人差が出てくるので半年は飲み続けていた方が効果が感じられる、またその間に生の魚を食べる事があれば、より効果を実感出来るかもしれません。

初めてご利用される方は、毎月お届けコースで、この青魚な知恵31日分
一般価格¥2000+税のところ、
半額の¥1000+税で購入出来ますよ。
2回目以降も10%OFFで、毎回送料無料のお得感。

でも、毎日続けることに不安をお持ちの方などに朗報です。
お届けコース届け日を、何度も変更、先延ばしにする事も可能となっております。
また商品が余っちゃって、どうしようという方にもお休み制度も。

会社はより良く、商品を利用して頂く事が願いなので無理せず、自分のペースで始めてみてはいかがでしょうか。
青魚の知恵は私達、身体の味方です。

ウコンドリンクでお酒が残らなくなりました

私がウコンドリンクを飲んでみての効果は、2日酔いがなくなり次の日までお酒が残らなくなりました。
それまではウコンドリンクがあるのは知っていたものの、そんな大して変わらないんじゃないかと心のどこかで思っていましたので、飲むこともありませんでした。

ですが、毎回のように呑みに出ては、すごく次の日に頭が痛くなったり気持ち悪さがなかなか抜けなかったので、飲み会の席でもあまりお酒を飲むことはなくなりました。
本当は大好きでたくさん飲んで盛り上がりたいのですが、今までのことがあったのであまり楽しめる気分にもなりませんでした。

そんなときに職場の同僚にそのことを話していたところ、ウコンドリンクは2日酔いがあった私でも改善されたという話を直接聞きましたので、そんなに変わるなら今度の飲み会の時に試しに飲んで参加してみようと思いました。
そして飲み会の日、女性でも飲みやすいウコンドリンクなどがコンビニで売っていましたのでそれを購入し飲んでみました。

そしていつも通り少し飲みすぎたなという量を飲んで、解散したのですが次の日もいつもと同様すっきりと目覚めることができました。
また、頭痛も気持ち悪さも感じませんので、まさにウコンドリンクのおかげだと思いました。

Copyright チャコの健康いろいろ日記 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget